fc2ブログ
 

至福の時間

2023
宋 張即之 金剛般若經 法帖を基に、無心で臨書をする・・・細筆の先に神経を集中させ 息をも気にして一文字 一文字の臨書は大変であったが、至福の時間にも感じた。

張即之(ちょうそくし) 1186-1266年 南宋の書家です。宋に渡った日本の禅僧によって、鎌倉時代に張即之の筆跡が多くもたらされます。その後の日本の書に大きな影響を与えました。禅に造詣が深く、名だたる禅僧と広く交遊しました。・・とネットにある。

中国とは言葉は異なるが 文字から内容は読み取れ( ^ω^)・・・三日間かかったが漸く書き上げた。 2本目の巻物にして 作品として仕上げたい!。禅に造詣が深い・・・とあったので、表紙の裏側用に”道元”の言葉も書いた。


張即之 金剛般若經
金剛般若經
道元の言葉
道元の言葉

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ 
    ↑    ↑    ↑





スポンサーサイト



  • このエントリーのカテゴリ : 未分類
 

プロフィール

管理人:のぶっち

1938年生まれの82歳
60歳でタッチタイピングを覚え、インターネットにはまりました。

のぶっち

検索フォーム

カレンダー

01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク