fc2ブログ
 

養生訓

2020
狭い庭だが自然の恵み 茗荷と大葉を積む事が出来た( ^ω^)・・・。朝食の一品 採りたて物を刻み 鮭のフレーク 鰹節 ゴマ キュウリ を混ぜて 熱いご飯にかけて食べた。一汁一菜・・・十分に美味しく満足した。

茗荷はここ数年 他の種に追いやられる感じで 以前より生息面積も少なくなった・・・手入れも肥料もしていないのに 採れた量は少ないが嬉しく 植物の生命力が愛おしかった。

中央図書館から取り寄せ依頼した本が 届きました と連絡があったので早速借りて来た・・・数日前に借りた分と合わせて全部で10冊になった。今日は養生訓 現代文 貝原益軒著、著者は寛永7年生まれ(1630)年である。19歳のときに黒田藩に仕えたものの、3年後に藩主の怒りにふれて7年の間浪人生活を送る。この期間の学習が「民生日用の学」確率の契機となる。朱子学及び本草学も学び、帰藩後は、藩主や藩士に儒教を講義した・・・とあった。

大学院の夏休み宿題に関する本の紹介で借りた・・・が、590年も前の本 現代文(森下雅之訳)だから読めるが・・・当時はどんな言葉を使い 書き表していたのか??そちらの方に興味が湧いた。何れにしても健康に関する事は 何時の時代でも多くの人の関心ごとに尽きるようだ。
庭から
庭から

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ 

 ↑    ↑    ↑    ↑

ランキング参加中です。クリックしてもらえるとうれしいです

スポンサーサイト



  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

Comment

こんばんは。
茗荷の季節ですね^^
採りたてを熱々ご飯・・最高♪
何杯でもいけそうです。

我が家の家紋は、守り茗荷

免疫力”論文も大変だ~新聞の広告欄を見ると健康に関する本の何と多い事か、今朝の広告欄にも、免疫力を上げる50の方法なる本、医学常識はウソだらけなど、時代が変われば意識も変わり、解からなかった事も解明されて新しい定説も出てくる、免役論:広すぎて大学の卒論の難しさですね~”カムイはミョウガを蕎麦の薬味に使うのが、一番好きですね~、

シソも、茗荷も大好き‼️自分の庭ならもっと幸せです。シソもできが悪く、他所の家のを眺めて羨ましい❗茗荷はありません。最近赤ジソジュースに使った葉を、佃煮にするレシピにしたがって作りました。捨てるものを使って、美味しく。嬉しかったです。

Re: タイトルなし

のえさんへ

子供頃は好きでなかったのに 今やとても嬉しい・・・。薬味にしてもいいし 食が進みました。

Re: 我が家の家紋は、守り茗荷

カムイさんへ

借りて来た本 数冊読みました…中、頷ける内容がありました。大学時代に講義を受けた創価大学の先生が言っていた事と 同じ考えが載っていました。私は大学時代から 先生の言う通りにした生活で 今も健康!不安は少しもありませんので、予防医学も考えものと思っています。

Re: タイトルなし

絵はがきの人 さんへ

もっとたくさん採れると嬉しいですが・・・手入れしないで食べられるのですから有難い!が、伸び放題になる他のものに閉口しています。収穫する!事は苦労が伴う事ですね。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

管理人:のぶっち

1938年生まれの82歳
60歳でタッチタイピングを覚え、インターネットにはまりました。

のぶっち

検索フォーム

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク